よくある質問

投資信託には、元本割れのリスクや手数料等の費用などがあります。必ずこちらをご覧ください。

投資信託

Q1. 投資信託の仕組みなどについて教えてください。
A1. 投資信託の仕組み  をご覧ください。

ページの先頭へ 

Q2. 報告書の見方を教えてください。
A2.
  1. <購入時> 取引報告書
  2. 収益分配金のご案内
  3. 取引残高報告書 
  4. <換金時> 取引報告書

ページの先頭へ 

Q3. 目論見書について教えてください。
A3. 目論見書は、投資信託を購入する際に知っておくべき重要な情報(投資方針、リスク、申込・換金方法、費用、課税関係等)を掲載した冊子です。販売会社を通じて投資家に交付することが義務付けられています。

ページの先頭へ 

Q4. 投資信託の基準価額はいつ決まりますか?
A4. 基準価額の決定は、当日の夕方以降となるのが一般的です。 これは、投資対象である株式などの評価額が夕方以降(上場株式の場合15時)に決定し、この評価額から基準価額を計算するためです。なお、基準価額が確認できるのは運用会社からの連絡の関係上、翌日となります。

ページの先頭へ 

Q5. 投資信託の基準価額はどこで確認できますか?
A5. 八千代銀行で取り扱っている投資信託については、「投資信託基準価額」ページよりご確認できます。
ただし、当日の基準価額が確認できるのは運用会社からの連絡の関係上、翌日となります。
また、翌日の日本経済新聞にも掲載されております。

ページの先頭へ 

Q6. 投資信託にかかる手数料について教えてください。
A6. 投資信託のお取引には、下記の手数料や費用がかかります。
手数料はファンドによって異なりますので、「お取扱いファンド一覧」の各ファンド商品概要ページでご確認ください。
  1. 販売手数料
    購入時のみかかる手数料で「申込手数料」とも呼ばれています。
  2. 信託報酬
    投資信託の運用・管理の対価として投資信託財産から支払われる費用のことをいいます。信託報酬は信託財産から日々差し引かれるので、投資家は、投資信託を保有している期間は、間接的にその費用を負担していることになります。
  3. 信託財産留保額
    換金(解約)時に基準価額から控除されるもので、換金時に発生する取引コスト等を解約者に負担してもらうために徴収されるものです。運用の安定性を高めると同時に、他の受益者との公平性を確保するために運用資金の一部として信託財産に繰入れられます。ただし、信託財産留保額が購入時にかかるファンドや、信託財産留保額がないファンドもあります。

ページの先頭へ 

Q7. 普通分配金と元本払戻金(特別分配金)の違いについて教えてください。
A7. 分配金には「普通分配金」と「元本払戻金(特別分配金)」の2種類があります。
「普通分配金」とは、追加型株式投資信託の収益分配金のうち、分配落ち後の基準価額が受益者の個別元本を上回る部分から支払われる分配金のことです。普通分配金は配当所得として課税されます。
一方、「元本払戻金(特別分配金)」とは、追加型株式投資信託の収益分配金のうち、分配落ち後の基準価額が個別元本を下回る部分のことです。この部分については元本の一部払い戻しとみなされ、非課税扱いとなります。また、「元本払戻金(特別分配金)」が支払われた場合には、個別元本はその金額分が減額されます。

ページの先頭へ 

Q8. 個別元本について教えてください。
A8. 分配金受取時や換金時の税金を受益者ごとに計算するための価額です。初めは投資信託を購入したときの基準価額であり、追加購入や元本払戻金(特別分配金)を受け取った場合に修正されます。

<例:追加購入>

  • 2度目の購入:基準価額が以前の個別元本より低い時に追加購入→個別元本は減額されます。
  • 3度目の購入:基準価額が以前の個別元本より高い時に追加購入→個別元本は増額されます。

ページの先頭へ 

Q9. 積立式投資信託「つみたて物語」の毎月の買付金額はいくらからですか?
A9. 毎月5,000円以上1,000円単位で買付けができます。また、年2回まで増額月を設けることができます。

ページの先頭へ 

Q10. 積立式投資信託「つみたて物語」の対象となるファンドはどれですか?
A10. 対象ファンドは「お取扱いファンド一覧」をご確認ください。

ページの先頭へ 

Q11. 積立式投資信託「つみたて物語」の毎月の振替指定日が休日の場合、資金はいつ引き落としされますか?
A11. 振替指定日が休日の場合、翌営業日のお引き落としとなります。

ページの先頭へ 

投資信託についてのご注意事項  ※必ずお読みいただき、ご確認くださいますようお願いいたします。

  • 投資信託は預金商品ではなく、預金保険の対象ではありません。
  • 当行でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 投資信託は、値動きのある有価証券等に投資しますので、価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、外貨建ての資産に投資する場合には、この他に為替リスクもありますので、元本および分配金が保証されている商品ではありません。
  • 投資信託の運用による損益は、投資信託をご購入されたお客さまに帰属します。
  • 投資信託の募集・申込などのお取扱いは当行が行い、運用および設定は運用会社が行います。
  • 投資信託をお申込みの際は、各ファンドの最新の契約締結前交付書面(目論見書および目論見書補完書面)をご覧いただき、内容を十分に理解したうえで、ご自身の判断によりお申込みください。
  • 投資信託には、取得時にお申込手数料がかかるほか、保有期間中には間接的に信託報酬、監査費用等がかかります。また一部のファンドでは換金時等に信託財産留保額がかかります。
    お申込手数料は、お申込金額(1口あたりの基準価額×お申込口数)に対し最大3.78%(税込)
    信託報酬は、純資産総額に対し最大年率2.376%(税込)
    信託財産留保額は、基準価額に対し最大0.5%
    その他の費用については、運用状況等により異なるため、あらかじめ金額または上限金額等を記載することはできません。
    お客さまにご負担いただく費用等については、保有金額または保有期間により異なるため、あらかじめ合計金額等を記載することはできません。
  • 商号等/株式会社八千代銀行
    登録金融機関 関東財務局長(登金)第53号
    加入協会/日本証券業協会

Get Adobe Reader

 PDFファイルをご覧になる場合は、アドビ社のAdobe Reader™が必要となります。
Adobe Reader ダウンロード



ページの先頭へ