個人向け国債

国債については、下記内容をご理解、ご確認ください。

  • 国債のお取引は、主に八千代銀行が直接の相手方となる等の方法により行います。
  • 国債は、元本と利子の支払を日本国政府が行うため、安全性の高い金融商品ですが、金利水準の変化や日本国の信用状況に対応して価格が変動すること等により、損失が生じるおそれもありますのでご注意ください。
  • 国債は、預金保険制度の対象外商品です。

商号等/株式会社八千代銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第53号
加入協会/日本証券業協会

個人向け国債 商品概要説明書

商品名 個人向け国債(固定3年・固定5年・変動10年)
商品の特徴 個人向け国債は満期日の元本のお返しも利子の支払いも、日本国政府が責任を持って行います。日本国政府が債券の発行体となりますので、安全性が高い商品です。経済環境等により実勢金利が上昇した場合でも、元本の部分の価格は変動しません。
種類 国債
(固定3年)
国債
(固定5年)
国債
(変動10年)
ご利用いただける方 個人の方
購入単位 1万円以上、1万円単位
期間 3年 5年 10年
購入時期 毎月募集、毎月発行
利子のお支払い 半年毎に年2回
利率 利率は「基準金利−0.03%」が適用され、償還まで変わりません。基準金利は募集期間開始日の2営業日前において、市場実勢利回りを基に計算した期間3年の固定利付国債の想定利回りです。
 
利率は「基準金利−0.05%」が適用され、償還まで変わりません。基準金利は募集期間開始日の2営業日前において、市場実勢利回りを基に計算した期間5年の固定利付国債の想定利回りです。 利率は「基準金利×0.66」が適用され、半年毎に変動します。基準金利は利子計算期間開始日の前月までの最後に行われた10年固定利付国債の入札(初回利子については募集期間開始日までの最後に行われた入札)における平均落札利回りです。
個人向け国債に関する注意事項
  • 個人向け国債は預金ではありません。預金保険制度の対象外商品です。
(中途換金の制限)
  • 発行から、1年間の中途換金禁止期間があります。その後は額面金額で中途換金できます。なお、災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害により被害を受けられた場合、または保有者本人が亡くなられた場合には、上記の期間に関わらず中途換金できます。
  • 中途換金する場合、額面金額に経過利子相当額を加えた金額から、直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685の中途換金調整額が差し引かれます。(購入時に初回の利子調整額を払い込まれた場合は、中途換金調整額から初回の利子の調整額が差し引かれますが、その計算を適用する期間は中途換金禁止期間および中途換金禁止期間明けの1回目の利払日の前日までの間となります。)
  • 額面金額に経過利子相当額を加えた金額から、中途換金調整額(購入時に初回の利子の調整額を払い込まれた場合は差引後の金額)を差し引いた金額が、平成28年1月以後に中途換金した場合における所得税の計算上、収入金額となります。

(手数料等)

  • 八千代銀行では現在「債券保護預りご利用手数料」は無料です。なお、今後諸般の事情により「債券保護預りご利用手数料」を改定する場合もあります。
  • 個人向け国債を購入される際には、購入対価のみをお支払いいただき、手数料はかかりません。
(クーリング・オフ)
  • 国債のお取引は、クーリングオフの対象にはなりません。
    (金融商品取引法第37条6の規程の適用はありません。)
税金
  • 国債の利子は、受取時に20.315%分の税金が差し引かれます。
  • 障害をお持ちの方や寡婦年金を受給されている方などについては、「障害者等のマル優制度」や「障害者等の特別マル優制度」の適用が受けられます。
その他参考となる事項
  • 当行では償還日または利払日の12営業日前から前営業日までの期間は、中途換金のお申込みはできません。
  • 個人向け国債をご購入の際は、「個人向け国債の契約締結前交付書面」をご覧いただき、内容を十分に理解したうえで、ご自身の判断によりお申込みください。
  • 「国債(固定利付国債)」や「地方債」もお取扱いしております。くわしくは、窓口までお問い合わせください。
金利情報の入手 窓口までご照会ください。

ページの先頭へ